わきがと多汗症

わきがと多汗症

夏になると特に気になりやすい症状を持つものが、わきがです。
わきがはとてもデリケートな問題のため、本人が自分はわきがであると気付いていない場合でも、まわりの人間があなたはわきがだよと教えてあげる事はとても難しい場合が多いです。

しかし、とてもやっかいなことにわきがは自分では特に自覚しにくい問題でもあります。

わきがはわきがの治療法などというフレーズがあるために、どうしてもわきがは病気なのかと捕らえられがちではありますが、わきがは病気ではありません。

わきがは体質である、といえるでしょう。わきがの症状はというと、鼻につくような酸っぱい臭いが脇のあたりからするということが挙げられます。このわきからの酸っぱい臭いは、汗をかいた時の汗臭いという感じとはまた違う、独特のわきが臭です。

では、このわきがはどのようなことが要因となり、その症状が出るのでしょうか。人は体温があがると、自動的に身体の機能が体温を下げようとする働きにより、汗をかくことになります。

その汗は普通の状態であれば、ただ汗くさいという事になるのですが、わきが体質の人の場合、このかいた汗に雑菌が混ざることになります。

そして、アポクリンという汗腺からも汗をかくことにより、これらの臭いが全て混ざってしまい、酸っぱいわきが臭をはなってしまうのです。

多汗症というのは、文字通り汗を人よりも多くかいてしまう症状を持つ人の事です。わきがと混同されやすいのですが、前述の通りわきがはただ汗をかくだけではなく、それに様々なものが混ざって起こります。

従って、多汗症というだけであれば、わきがとはまた違うのです。

わきがのニオイは悩みの原因

人の身体の悩みにはさまざまな症状のものがあります。

病気などの悩みはもちろんなのですが、病気ではないけれど深刻な悩みとなりうるものもたくさんあります。

そのような悩みの中には、体臭などのニオイに関するものなどが挙げられます。

ニオイに関する悩みの中でよく出てくるものが、口臭などです。口臭などは、虫歯や歯周病などの口内の病気が原因となって出てくることもある症状なので、口臭がひどいと感じた場合にはまずそのあたりの病気などを疑ってみることもたいせつです。

そして、病気ではないけれども、非常にデリケートな悩みとなるものがあります。それがわきがです。

わきが症状は、わきのあたりから酸っぱくて鼻につくようなニオイがするというものです。前述の口臭などとは違い、この症状の場合は、なんらかの病気などがその要因となるわけではなく、そのような体質であることがこの症状をひきおこす原因となっています。

この場合、病気などではなく体質が原因となるということになるので余計に症状を軽くすることが大変です。しかし、このわきがの症状を軽くすることは可能ですし、その手法によっては完全にその症状を無くしてしまうこともできることがあります。

この場合のニオイの原因となるものは、雑菌などと混ざった汗です。それも、通常の体温調節のための汗が出る汗腺とはまた違う汗腺から出る汗によってこの症状が引き起こされるのです。

このようなことから、その特殊な汗腺ごと手術で除去することにより、根本的な治療を行うということが可能です。また、普段からいくつかの点について気をつけることにより、わきがの症状をできるだけ軽くするということもできるといわれています。