脇汗が染みたスーツの手入れ

スーツ男性

社会人の方で仕事にはスーツを着用している方も多いと思います。冬はまだいいのかもしれませんが、夏場のスーツは脇汗とともに脇の臭いが気になります。

脇汗の臭いは衣類にしみつきやすく、嫌なにおいを発生しやすいのですが、スーツは普段着のお手入れと違って簡単に洗濯できないのが難点です。

スーツ専用の消臭スプレーなどを使って、風通しの良い場所に干してみたりし、対策をしましょう。天気が悪い日は扇風機やふとん乾燥機などの風をあてるだけでも違います。

また消臭グッズとして、着用後も使えますが、着用する前にスプレーすることによって汗臭いのを防いでくれるスプレーがあります。ほぼ1日効果が持続するらしいので、お出かけ前や出勤前にスプレーしていくと安心ですね。

スーツはそのままクリーニングに出している人もいますが、ドライクリーニングだけではしっかりニオイはとれません。クリーニングに出す前にある程度、においケアをしてから出すようにするとスッキリ仕上がります。

スーツの臭い、大丈夫? 脱臭と花粉除去ができるパナソニックの「脱臭ハンガー」

スゴい製品がパナソニックから発売されました!

日々着るスーツの臭い、大丈夫ですか? 焼肉やタバコ、汗の匂いは自分ではなかなか気づけないものですが、まわりにいる人は気になるものです。特にビジネスにおいては、最低限のマナーともいえるでしょう。

香水や消臭剤もいいのですが、たとえば脱臭ハンガーを使うという対策もあります。パナソニックが販売しているナノイーX搭載の脱臭ハンガーは、スーツに付着した嫌な臭いを分解。しかも、花粉まで除去してくれるというスマートなハンガーです。

ナノイーXが臭いを分解

ナノイーとは、パナソニック独自の微粒子イオンのこと。パナソニックの加湿器、エアコン、空気清浄機に使われています。微粒子なので、洋服の繊維の中に入り込んで脱臭をしたり、花粉やアレルギー物質を捉えて無力化することが可能。

パナソニックの脱臭ハンガーは、このナノイーを放出する機能がついているハンガー。スーツをかけて、クローゼットにいれておくと嫌な臭いを取り除いてくれます。しかも、外側も内側も。

花粉の季節には、花粉も取り除いてくれるので一石二鳥です

ハンガーといっても機器であるため、充電は必要ですが、通常モードで5時間、ロングモードで7時間臭いを取ることが可能。付属のバッテリーで簡単に充電できるので、使い終わったらコンセントにさしておけばOK!

香水のように臭いをつけるのではなく、取り除くハンガー。ビジネスマンのエチケットとして1つは持っておきたいところです。