掃除が大変な洗濯槽の黒カビの取り方

洗濯物を干す女性

洗濯機はステンレス槽だから大丈夫と、安心している方は大変ですよ! 

ステンレスはカビが発生することはなく、またカビが発生しても取れやすいから大丈夫と考えていませんか? 洗濯槽はステンレスと安心しても、カビがまったく発生しないわけではありません。

洗剤のカスや洗濯した時に出た皮脂やゴミに雑菌がついてカビになり、それが洗濯槽の裏側に黒いカビ(カス)を誕生させます。

プラスチックなどの樹脂でできている洗濯槽は、ステンレスよりもカビが発生しやすく、かつ落としにくいんです。

見える部分はカビが発見できなくても、洗濯槽の裏側には黒いカビ(カス)があなたの洗濯物を狙っています!

洗濯槽の黒カビは洗濯物のイヤなニオイの原因です。せっかく洗って柔軟剤でいい香りをつけた労力が無駄にならないためにも、定期的に洗濯槽の汚れはしっかりと落としましょう!

黒カビ発生の原因は?

黒カビ発生

洗濯機からイヤな臭いがしたり、洗濯物を干すときに茶褐色や黒いカスがついていたりら、洗濯槽の裏側についたカビの仕業です。

洗剤と汚れが結合して洗剤カス(石鹸カス)が発生し、それがタンクの外周部やタンクの水抜き穴に付着すると、空気中にあるカビがこれらを分解して自然に戻そうとして黒カビを発生させます。

黒カビは環境により発生期間が違い、色も黄色→茶褐色→黒色と変化するのが一般的です。

通常の黒カビ予防法

黒カビ予防法

乾燥機能なし全自動洗濯機

月に1度は定期的に洗濯槽の掃除をしてください。衣類を入れずに、市販の塩素系漂白剤を使用して洗濯槽を清潔に保つ。

まずは、洗濯槽上部や周辺にお湯をかけて、汚れを柔らかくします。その後ブラシなどで、ゴミ・ホコリ・カビを除去します。

最後にやるとせっかくきれいになった洗濯槽にゴミが付着するので先にやってください。洗濯機の蓋や内蓋、洗剤投入口など周辺には特に洗剤カスやホコリなどが溜まりやすいので丁寧に取り除いてください。

水量50Lに対して塩素系漂白剤をコップ1杯(200ml)を目安として洗い、約12時間程度放置したのちすすぎと脱水します。

最後に、雑巾で洗濯槽の水分と汚れを拭き取り、蓋を開けたまま洗濯槽全体を自然乾燥します。

以上で終了です。

タテ型洗濯乾燥機/ドラム式洗濯乾燥機

週に1度は洗濯乾燥運転、または乾燥運転を行う!洗濯槽乾燥モードがある機種は、洗濯槽乾燥モード運転を利用するこまめに汚れ予防をしてください。

黒カビが発生した時の強力対処法

洗濯槽クリーナー

パナソニックの洗濯槽クリーナーN-W1(1回分 1500ml)が強力なので使って黒カビを落とす!

粉せっけん等の使用により洗濯槽の裏側に付着した石けんカスや黒カビを洗浄するのに使います。

また、風呂水給水ホースを利用して洗濯されている場合は、風呂水給水ホースにも黒カビが発生している場合があるので、洗濯槽クリーナーを利用して洗浄してください。

パナソニック洗濯槽クリーナーレビュー

純正品はやはり強い!
家族全員にタオルが臭い!とクレームが来て市販の酵素系クリーナーで洗浄したけど、茶色いワカメが何度も出て、更に何回も色々なクリーナーで洗浄してみた。

でも臭いがなかなか取れなくてあと1歩な感じでした。最後の手段で純正品のこちらにたどり着いて洗浄してみたら、臭い取れました!乾燥機使っても臭くない!

お金ケチってた自分がバカだった。これからは半年に一回はこちらを使用しようと思います。

やっと黒カビわかめが出なくなった( ;∀;)

ワカメみたいなのが洗濯したらくっつくように。
乾燥ワカメをこぼしたキッチンマットを洗ったせいだとずっと思っていましたが、黒カビでした。

市販の洗濯機クリーナーを何回やってもワカメは取れず、とうとう業者を呼びました。
窯を開けてもらうと黒カビびっしり(;O;)。
取れるだけの黒カビを取ってもらってもまだワカメが洗濯物に・・。イラッ。

こちらの洗浄剤のことを業者の人に聞いて、早速購入して洗浄。ようやく長きにわたったワカメ戦争いや黒カビ戦争が終わりました。高くてもこの洗濯槽クリーナーで洗浄することにします!!!

高いなりのパワーがあります!!!

前回の使用から2年程度が経ち、洗濯機内部が変色してきていたので購入。

家電量販店で品切れしていたのでこちらから購入。
洗濯機の取説通りに使用すれば、2~300円の洗剤とは次元の違う洗浄力を見せつけてくれます。さすが純正!(純正が使い物にならなかったら怒られちゃいますからね)

値段は高いですが効果は抜群、毎年使おうと思います。