脇の臭い(わきが)・脇汗に敏感な日本人

脇の臭いを気にする女性

日本のわきが人口は人口の約1割と言われています。欧米人の約8割がわきがということに比べるとかなり少ないのではないでしょうか。

しかし、日本人は脇の下のにおいを気にする人が非常に多く、その大半が本当はわきがではないのにそうだと思い込んでいます。一方欧米ではその何倍ものわきが人口にも関わらず、においを気にする人は少ないのです。

これは日本人がにおいにとても敏感な国民性であることが原因といわれています。

悩む前にわきがのセルフチェック

わきがの自覚症状がない人、本当はわきがではないのにそうだと思い込んでいる人、あなたは本当にわきがなのでしょうか?次の5つの項目でセルフチェックしてみましょう。

家族や親戚にわきがの人がいる

わきがは常染色体優先遺伝により遺伝するといわれています。両親のどちらか片方がわきがであれば子供にその体質が遺伝する確率は約50%、また両親がどちらもわきがである場合は約80%の確率で遺伝します。

両親がどちらもわきが出ない場合であっても、祖父母、おじ、おばなどがそうであればその体質を受け継いでいる可能性がでてきます。

わきの体毛は濃い方だ

わきがのにおいの元になっているのはアポクリン汗腺でここから放出される汗はたんぱく質や脂肪を多く含んでいます。

この汗がわき毛の毛穴を介して汗を分泌し、それが多量になると皮膚の表面の細菌がたんぱく質や脂肪を分解し、においを発します。

わき毛が多い人はわきの下にその細菌が増殖しやすく、またアポクリン汗腺により分泌された汗がわき毛に付着しにおいを強くしてしまいます。

油こい物や肉類が好きでよく食べる

油濃いものや肉類などの高カロリー食を多く摂っているとアポクリン汗腺が発達するとともにそこから分泌される汗ににおいの原因となる脂肪酸が増えてしまいます。

「高カロリー食=わきが」とは一概には言えませんが食生活もわきがには深くかかわっていると言えるでしょう。

耳垢が湿ってやわらかい

わきが体質の人は、耳の穴の中にもアポクリン汗腺が存在し、そこから汗が分泌されるので耳垢が湿って柔らかくなります。

白いシャツを着た時、わきの下の部分に黄色く汗ジミが出来る

アポクリン汗腺から分泌される汗は色素や蛍光物質を含み、それが衣類に付着し黄色く汗ジミが出来てしまいます。

ただし、制汗剤を多用している場合にそれが衣類に付いて変色している場合もあるので一概には断定は出来ません。

悩むより相談を

上記のセルフチェックはあくまで一つの目安です。

セルフチェックによりわきがの可能性があった人でも実際、検査をうけると違っている場合もあるので心配な人は一度病院へ行き検査を受けてみることをお勧めします。

もし、検査によりわきがと断定された場合であっても治療ができるので心配は要りません。わきがは治るのです!

さまざまある多汗症の種類

多汗症とは異常に汗をかく症状です。多汗症にはどのような種類があるのでしょうか?

全身性多汗症

全身性多汗症とは背中、お腹、胸部、お尻など、全身から多量の汗をかく症状です。

これは生まれつきの体質の人もいれば中枢神経の異常、また高血圧、糖尿病などの全身疾患や肥満、妊娠、更年期障害などが原因となることがあります。

局部多汗症

局部多汗症とは手のひら、わき、頭部、足の裏など身体の一部から多量に汗をかく症状です。

これは過度の緊張やストレス、不安など精神的、情緒的な原因があげられます。

味覚性多汗症

辛いものや熱いものを食べると普通でも汗が出ますが味覚性多汗症の場合、その症状が著しく激しい症状で、普通の食事をしているにも関わらず汗が出ることがあります。

腋窩多汗症とわきが

局部多汗症の中でもわきから多量に汗をかく症状を腋窩多汗症といいます。

わきがの場合、わきの下の汗腺のうちアポクリン汗腺の機能が異常に発達していたのに対し、腋窩多汗症の場合はエクリン汗腺の機能が異常に発達しています。

わきが特有のにおいを発するのがアポクリン汗腺なのに対し、エクリン汗腺は無臭です。両者は混同されがちですがまったく異なった疾患です。

脇の臭いを気にする女性

わきが・多汗症の手術方法

わきがや多汗症の治療はその程度や治療を受ける人の希望によってさまざまです。実際にクリニックに行く時に少しでも知識をもっていると手術前の医師の説明もある程度理解でき、クリニックの選択にも役立ちます。

切除法

わきがのにおいの原因の組織(アポクリン汗腺、皮脂腺など)を皮膚ごと根こそぎ切除してします方法です。

この方法は効果が高いですが、皮膚を大きく切開するため跡が残ってしまいます。また、縫合によりわきの下がつっぱったりむくみ、運動障害などの後遺症が残ることもあります。

剪除法

皮膚をアポクリン汗腺の直下まで切開し、反転して小さなハサミでアポクリン汗腺と毛根を取り除く方法です。

術後2週間くらいは腕の上げ下げがしにくく、傷跡も多少残りますが重症のわきがにも効果が期待できる方法です。

超音波吸引法

わきの下に小さな穴を開け、そこから超音波を発する器具をつけたパイプを差し込みます。

そして熱の力で真皮の浅いところにあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺を破壊し、吸引するという方法です。

この方法は傷跡が残りにくく術後の回復も早いというメリットがありますが、アポクリン汗腺やエクリン汗腺が完全には破壊できないので再発する可能性があるというデメリットもあります。

皮下組織掻爬法

わきの下の中央部を小さく切開し、その部分からキューレットというスプーン上の器具を差し入れ、アポクリン汗腺を削り取る方法です。

切開部分が小さいので傷跡が残りにくいメリットがありますがこの方法ではアポクリン汗腺を完全に除去するのが難しく、再発してしまう可能性があります。

電気分解法・電気凝固法

電気分解法とは、一つ一つの毛穴に電流を流し、毛根を破壊しアポクリン汗腺や皮脂腺の分泌口を破壊する方法です。

また、電気凝固法とは毛穴に高周波の電流を流して毛包周辺の組織を固め毛根を焼きとる方法です。

毛根に正しく放電すれば毛根が完全に破壊され、アポクリン汗腺の汗の出口がふさがれるのでわきがのにおいもなくなり、永久脱毛もできます。

いずれの場合もこの方法はわきがの為の治療法ではなく、永久脱毛が目的の治療法です。したがって、わきがのにおいが完全に消えるわけではなくにおいが少し抑えられる程度ですのでわきが臭が軽い人におすすめです。

ボトックス注射法

ボトックスを治療箇所に皮下注射し、交換神経線維をブロックすることにより脳からエクリン汗腺への発汗の指令を止めるという方法です。

一回の注射で約半年間効果が続きます。この方法はわきがよりも多汗症に効果的です。