脇の臭いを消す食べ物・食べてはいけない食材

食生活改善で脇の臭いを抑える

日本人はもともと体重は少ないと言われてきました。しかし、食生活が欧米化して体臭で悩みを抱えている人たちも多くいます。

食生活が欧米化し体重が増えたと言ってもまだまだ日本では体臭に悩む人は少数です。それゆえに自分の匂いで周りの人を不快にさせてしまっているのではないかなどと 誰にも言えない悩みを抱え込んでしまいます。

体臭の中でも特に脇の匂いに悩みを持ってる人がたくさんいます。なんとか体臭を少なくしたいと考えてる人はどうしたらよいのでしょうか。

まずは食事によって脇の匂いを改善することを考えましょう。

食事でワキの臭いを改善するために具体的にどんな食べ物が脇の臭いに効果があるかリサーチしてみます。

脇の匂いはアポクリン腺から発生する汗が、脇の皮膚の常在菌によって分解され、脇の匂いが発生します。

脇のアポクリン腺の数は遺伝によって影響されますが、食事を改善することによってアポクリン腺から出る汗の質を変えることは可能です。

一度食生活を見直して少しでも脇の匂いが軽減するように行動していきましょう。

脇の臭いを強くする食べ物

脇の匂いを強くする食べ物は基本的には欧米タイプの食事・食材になります。まずは肉類や脂の多いファーストフードなどを減らすことから始まります。

タンパク質と脂質が多い食材

タンパク質と脂質は人間の内臓で消化や吸収にとても時間がかかります。胃で消化するときに硫化水素とメチルメルカプタンと呼ばれる物質が発生します。

この二つの物質が硫黄のような臭いを発生させます。これが脇の臭いの正体です。 脇の匂いを抑えるためにはこのような動物性タンパク質や動物性脂質の摂取を控えなければいけません。

脇の匂いを抑えるために食べてはいけない食材は以下の通りです。肉類・乳製品・天ぷらやフライなどの揚げ物・バターをたくさん含むお菓子・肉類を多く使ったジャンクフード・玉子・動物の内臓などです。

ニオイのきつい食べ物や刺激のきつい香辛料

臭いのきつい食べ物や刺激のきつい香辛料は、アポクリン腺を刺激して 匂いを放出させます。

ニラ・にんにく・キムチ・唐辛子・ハバネロ・タバスコなど中華料理・韓国料理に使われる食材が臭いを発生させる元です。

これらの食材はなるべく食べないように食生活を改善していきましょう。また外食する場合もなるべく中華料理や韓国料理は避けるようにしてください。

添加物のたくさん入った食品

インスタント食品などに入っている防腐剤や色をつけるための色素などの食品添加物は、食べた物の胃腸での吸収を阻害し、善玉菌の働きを妨げます。胃腸でうまく吸収できない時に匂いやガスを発生させます。 それが臭いおならや脇の臭いの原因になります。

なるべく添加物のたくさん入ったインスタントラーメンやジャンクフードは普段の食生活からは排除していきましょう

以上が脇の匂いを抑えるために食べてはいけない食べ物です。

夏になるとどうしても脇の臭いが気になるものです。暑い夏にわざわざ刺激が多く香辛料の効いた食事をする必要はないはずです。

脇の匂いで嫌な思いをしないためにも、すぐにでも食生活を改善して健康的な体に体質改善してください。その行動が脇の臭いを消す最初の一歩となります。