ワキ毛処理するにあたって

カミソリやシェイバーの使用

 自宅でワキ毛を処理する場合に最も簡単な方法は、カミソリやシェイバーで毛を剃ることです。この場合にはあらかじめワキ毛をよく塗らしておきましょう。

 石けんをぬるま湯で泡立てて塗ってもいいのですが、シェイビングクリームを使用したほうが、刃のすべりが良くなり剃りやすくなりますし、皮膚がカミソリ負けすることも少ないようです。

 そして、毛の生え方とは逆の方向に刃を動かすようにすれば、根本近くまできれいに剃ることが可能です。

脱毛ワックスの使用

 脱毛ワックスには、石けん状のかたまりを熱して溶かして使用するものと、テープまたは紙にワックスがつけられているものがあります。

 実際に使うときは、片手を上げてワキの下の中間から上に向かって、それから下へ向かってと2段階に分けてワックスを塗るかテープを貼り、逆の方向に向けて一気に引き剥がすのが上手に脱毛するコツです。

 ワックスによる脱毛は、毛抜きで1本1本引き抜くのをまとめて行なっているようなものです。痛みを伴ってしまうのが難点ではありますが、剃る場合より深く、皮膚の中に残っている毛まで取り除くことができ、毛の再生が遅くなるというメリットがあります。

 脱毛クリームは、化学製品によって毛を溶かすやり方ですが、パッチ・テストを忘れずに使用上の注意をよく守ることが大切です。

 全ての方法に共通して言えることは、まずあらかじめワキの下をよく洗って清潔にしてからやったほうがいいということです。これは毛の処理の時には皮膚が多少なりとも荒れるのは避けられませんが、そのときに雑菌が傷口に入るのをなるべく防ぐためです。

 ですから、皮膚に傷や湿疹があるときはやめたほうがいいでしょう。処理した後は、1~2日おいてアフター・シェーブ・ローションなどの消毒ローションをつけましょう。