皮膚表面から出るニオイ

皮脂腺からのニオイ

 皮膚から発するニオイといっても、皮膜そのものに特別強い臭いがあるわけではありません。皮脂腺や汗腺から出される分泌物こそが体臭の主な原因になっています。

 皮脂腺から分泌されるのは、油脂成分です。そこに溶け込んでいる弱いニオイの発生物質や脂そのものが、皮膚表面に分泌された後に分解してできた脂肪酸が臭いを発する原因となるのです。

 この皮脂腺は食事の影響を受けやすくなっています。脂肪分を多く摂れば、皮膚は脂っぽくなります。猪や兎の肉を肉を多く食べると、そのような臭いがしますし、イワシやニシンなどのニオイの強い魚を食べても、通常より強い臭いの脂肪酸が分泌されるのです。

汗からでるニオイ

 皮膚表面から臭うものには、汗も忘れてはいけないところです。汗は汗腺から分泌され、エクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。

 エクリン汗腺から出る汗には、ニオイ物質はほぼ含まれていません。塩分が多く含まれているので細菌の繁殖もあまり無いといえます。ですから、汗自体にはほとんどニオイはないといっていいでしょう。

 しかし、アポクリン汗腺から出る汗には様々な物質が含まれており、多少なりとも臭いがします。代表的なものがワキガといえるでしょう。

 人種によって体臭濃度が異なるのは、このアポクリン汗腺の量が原因と考えられています。アポクリン汗腺の多さ順でいうと、

黒人  →  白人  →  東洋人
 
となっており、体臭の強さも同じくらいです。

私たち日本人は、世界的に見て体臭の薄い民族ということがいえます。だからこそ、ニオイに敏感であるということなのでしょう。