口臭について

口臭の原因とは

人間が生活している以上、自然に発するニオイは容認できるとしても、終電近い電車に乗った時など、色んなものが混じり合ったニオイをかいだことはないでしょうか。

お酒、ニンニク、ニラ、などのニオイが微妙にミックスされて何ともいえない気持ちにさせられるものです。こういった例のように、口臭というと飲食したものが原因であると考えがちです。

歯茎などに食べ物の残りかすがたまり、口の中の嫌気性菌といわれる細菌が付着・繁殖して分解し、発酵することによって悪臭を放つことからも、それは事実でしょう。

それに、食べかすの他に、歯肉の後退、金属冠や義歯の不適合などによって不潔になりやすい場合にも嫌な口臭がしてしまうのは仕方の無いことです。

 このように、口臭といっても様々なものがあります。清浄不足による口臭や生理的口臭は本人が注意して清潔に保つ努力をすることで十分防ぐことが出来ます。

しかし、病的口臭となると話は別です。ほったらかしにせずに、病院などに行って治療する必要が出てきます。

治療の要する口臭

 では治療の必要な口臭について例を挙げてみましょう。

■口内炎症

 歯槽膿漏、口内炎、歯肉炎などがある場合、膿や口腔内の皮組織が崩壊し、そこに嫌気性菌がついて、特殊な発酵臭を放つようになります。

 また、扁桃腺炎、慢性鼻炎、蓄膿症などの鼻・のどの疾患や、気管支炎、気管支拡張症、肺結核などの呼吸器疾患がある場合にも口臭に結びつく場合があります。