重度の自己臭症

妄想の確信

 自己臭症の人の中には、重症の神経症や統合失調症に近い人もいます。こういった症状をもつ人はありもしない妄想をかきたて、それを事実だと思い込みます。

 例えば、「自分が会社に行くと、他の人が『臭い』とか『気になるから出て行ってくれ』と言われたり、窓を開けられたり、席をたったりする。」などと訴えます。

 これを分析すると、その人は他人に自分が臭っていると恐怖しているのではなく、他人が自分を忌避する行動をとるから、確実に自分は臭っていると確信しています。

関係妄想

 他人が席を立ったり、窓を開けるのはよくあることで、第三者から見れば偶然的なことで、本人には無関係の出来事に過ぎません。ですが、本人は偶然とは捉えずに、自分と関連づけてしまうのです。

 これは精神医学では関係妄想と呼び、統合失調症の人に現れる症状です。また、自己妄想だけでなく、幻聴のような知覚障害や、他の被害的・誇大的妄想なども訴えます。

 こういった重症の神経症や統合失調症の人の治療は、向精神薬の投与が最初に行なわれ、精神療法だけでは不十分なことがあります。場合によっては、精神科の病院に行って治療しなければいけません。

 ここで重要なことは、治療者側に統合失調症かどうか判断できるだけの精神医学的知識があることです。患者の訴えに従って、手術をしたとしても患者の妄想は解消されず、手術の繰り返しを招く恐れがあるので注意が必要です。