自己臭症の人は

本来のワキガ体質者は治りやすい

 体臭が気になって病院に行く方の中には、診察室に入ると強烈なニオイを発散する人もいれば、脇の下をいくらかいでも、全く臭わない人など、様々な人がいます。

 本当のワキガ体質者とは、

○耳アカが柔らかい
○遺伝傾向がある
○脇の下の毛が濃い
○下着やシャツ・ブラウスが汗で黄ばむ

といったような傾向が見られます。これらに当てはまるからといって、落ち込む必要はありません。なぜなら、本来のワキガ体質者は、治療しやすい面があるからです。

 ワキガは外科的療法によって、完治させることもできます。臭いが強烈であればあるほど、それだけ手術後と手術前の変化が大きくなります。それに患者さんにも、臭いが消えたことが認識してもらいやすいからです。

自分だけが気になる自己臭症

 しかし、自分だけがニオイを気にして、それがあると思い込んでいる「自己臭症」の人は手術を受けてしばらくしてから、また「やっぱりニオイがすると思うので‥」と再び病院を訪れるケースが少なからずあります。

 概して、自己臭症の方々は、随分悩みぬいたあげく手術を受けようと決心して病院にいくので、医者が「臭いはありません。気のせいですよ。」と言っても「気をつかって慰めるために嘘をついている。」と捉えてしまいがちです。

 では、そういう方々はどうすれば気持ちが晴れるのでしょうか。その思い込みを払拭するために、手術でアポクリン汗腺を取り出した後に医者の方にお願いして、本来のワキガ体質者のアポクリン汗腺の写真と患者の写真を比較してもらいましょう。

このような確実な証拠を見つつ、「アポクリン汗腺の量が少なく、ワキガではないですよ」と言われると気分的に落ち着いてきて、納得できるものです。