多汗症との関係

多汗症=ワキガか?

 多汗症の人はワキガになりやすいのでは‥‥と考える人もいるかと思います。実際その通りで、ワキガの人は多汗症である場合が非常に多いのです。

 しかし、多汗症=ワキガと確定するのは間違いです。なぜなら、多汗症はワキガの直接的な原因ではないからです。多汗症はエクリン汗腺から分泌される汗の量が、一般の人よりも多いだけなのです。

 ワキガが発生するのは、アポクリン汗腺からの汗と皮脂腺からの分泌物を、エクリン汗腺の汗が溶かして拡散するためと考えられています。つまり、アポクリン汗腺と皮脂腺の分泌物が少ない場合は、多汗症であってもワキガが気になることは少ないのです。

2つのタイプ

 多汗症には「全身多汗症」と「局所性多汗症」の2つのタイプがあります。

 「全身多汗症」は急性リューマチや結核のような発熱性の病気が原因となって起こることがあります。

 「局所性多汗症」は、手のひらや足の裏、頭、脇の下などに異常な汗をかく場合をいいます。ただ、これは病気などが原因ではなく精神的・神経的な原因によって発汗します。人は誰でも緊張したり、興奮したりすると汗をかくものです。

 例えば、車にひかれそうになったり、暗いところで後ろから誰かにつけられたり、面接試験・入学試験などは、極度の緊張から額、脇の下、手のひらなどに汗をかいてしまいます。

 ワキガで悩む人のほとんどは多汗症でもありますので、ワキガの手術をすることで一緒に治療することができるのです。ワキガが治ると、同時に多汗症や汗の黄ばみもおさまるケースが多くあります。
 
 ワキガをなくすためには、多汗症を治すこともひとつの方法だと言えるでしょう。