ワキガが発生する時期

性ホルモンの分泌から

 ワキガが発生する時期というのはいつごろになるのでしょうか。

 大体、女性は初潮を迎える時期に、男性はひげが生えてきて声変わりするようになる時期にワキガが発生してくると言われます。すなわち、多くの場合は男女ともに性ホルモンの分泌が起こる思春期になるとワキガが生じるのです。

 男性の性ホルモンは主に、睾丸から分泌され、女性の性ホルモンは卵巣で分泌されます。男性の性ホルモンは男性らしい体を作るとともに、精子の製造に関わってきます。

 女性の性ホルモンも同じく、女性らしい丸みを帯びた体をつくり、卵子の製造に関わってきます。女性ホルモンが働き出すと、初潮が始まり、胸が膨らんできます。

 ワキガを発生させるアポクリン汗腺は、性ホルモンの発生と共に活発化してきます。そのため、性的特徴が顕著になるに従って、ワキガのニオイも次第に強くなってくるのです。

ワキガはにきびと共に

 
 そもそも体臭とは、動物特有の異性を誘引するフェロモンとなるものです。動物がニオイを発することで異性を誘引するように、人間のワキガのニオイも性ホルモンの分泌がピークになる20歳代が最高となります。

 そして、性ホルモンが減退し、または分泌が終わる更年期に入るとワキガの発生も弱くなり、ニオイも出なくなるのです。つまり、ワキガはにきびと共に始まると言えます。にきびは性ホルモンの分泌と関係があるので、ワキガとも関係しているのです。

中学生くらいになると皮脂腺の活動が活発化し、体全体が脂っぽくなってきます。にきびの発生には男性ホルモンが関係しており、これが皮脂腺の分泌を促し、その脂肪にアクネ菌という細菌が入り、にきびを作っているのです。

ワキガも皮脂腺の脂肪に細菌がついて、その脂肪を分解することで発生するので、にきびの発生と似ています。ワキガとにきびは、お互いに関連しあっていると言えるでしょう。