ワキガは何故起こるのか

汗が関係

 ワキガというのは一種独特なニオイです。ワキガのニオイを発している本人は気にならなくても、他の人にしてみれば不快で耐えられないニオイなのです。ワキガは、どうして発生するのでしょうか。

人間の皮膚の表面は角質という組織で覆われています。角質は古くなり固まった細胞で、本来はガサガサしていますが、皮脂膜のおかげで人の肌はしっとりしているのです。皮脂膜は、皮膚をなめらかに保つクリームの様なものと言えます。

ワキガとは汗をかくことによって生じるものですが、その汗にも2種類あってエクリン汗腺から出る汗と、アポクリン汗腺から出る汗に分かれます。ワキガはこれらの汗腺と皮脂腺から分泌されることで発生するのです。

エクリン汗腺

 通常、汗をかくというとサラッとして粘り気のないことをいいます。この汗は弱酸性で成分は99%が水分で残りが塩分です。これはエクリン汗腺から分泌され、1日で平均約2リットルかくと言われています。

 エクリン汗腺は皮膚をしっとりさせ、皮膚の表面に付着する細菌を殺す役割も果たしています。そして、体に熱を持った時などに気化熱を利用して体温の調節を行なってくれるなど、いいことばかりしてくれる汗といえるでしょう。

アポクリン汗腺

 一方、アポクリン汗腺から分泌される汗はワキガの原因となるものです。アポクリン汗腺は脇の下、性器の周囲、乳首の周辺、耳の中といった特定の場所にしかありません。ここより分泌される汗は、粘り気があり色も乳白色で特殊なニオイを発します。

 アポクリン汗腺の出口は毛穴と通じており、その出口の下には皮脂腺がこぶの様についています。皮脂腺はアポクリン汗腺と同じ毛穴を通じていますから、アポクリン汗腺からの汗と皮脂が混じることでワキガを作ってしまうのです。