日本人にはワキガ体質が少ないからこそ

日本特有のもの

 ワキガのニオイというものは、軽度のものであればセックス・アピールにもなりうるものであり、ワキガの臭いに特に敏感な人を除けば、それほど人に嫌がられるものではないのです。

 それが強いワキガとなってしまうと、大抵の人に嫌われてしまう悪臭に変わってしまうのです。ただ、臭いが強いということで差別されてしまうのは、日本特有の好ましくない現象と言えます。

 欧米ではワキガのニオイで悩んでいる人は、あまりいません。ただ、欧米人でもワキガを嫌なニオイと捉えている人も多く、極端に強く臭わないように気を配るのがマナーとされているようです。

嗅覚が鈍くなる

 しかし、欧米人の場合はワキガ体質の人が80%と圧倒的に多いので、彼らにしてみればありふれたニオイということになっているのです。また、嗅覚には同じ種類のニオイをしばらくの間嗅いでいると、そのニオイに対して嗅覚が鈍くなってしまうという特性があります。

これはワキガについても言える事で、周辺に大勢のワキガの人がいると嗅覚がその臭いに慣れてしまい、ニオイを感じないので普通どおりでいられることもあるのでしょう。

 一方、日本人ではワキガ体質の人は全体の10%で、少数派といえます。集団の中に1人だけ異質のニオイを発散している人がいれば、どうしても目立ってしまい、仲間外れにされてしまいがちです。

 また、ワキガの人もそのことで劣等感にさいなまされることになってしまうのです。